2回目からオンライン診療可能

スマートクリニック東京

名古屋大学名誉教授 上田 実監修 上田式点鼻療法

アルツハイマー型認知症治療

アルツハイマー型認知症治療にお悩みの方へ

当クリニックではアルツハイマー型認知症の治療を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

もの忘れ
・徘徊

家族への
暴言・暴力

精神的
混乱や
落ち込み

COVID-19

認知症は、脳の病気障害など様々な原因により認知機能が低下し、

日常生活全般支障が出てくる状態をいいます。

認知症の中でも最も多いものがアルツハイマー型認知症であり、

脳神経が変性して脳の一部が委縮していく過程でおきる認知症です。

当クリニックでは、このような症状の治療を積極的に行っております。

アルツハイマー型認知症に苦しんでいた患者様
改善した実例もございます。

お気軽にお問い合わせください。

65歳以上は5人に1人が認知症に

 認知症は、もの忘れで発症することが多く、ゆっくりと進行します。また、年をとるほど、認知症になりやすくなります。
 日本における65歳以上の認知症の人の数は約600万人(2020年現在)と推計され、2025年には約700万人(高齢者の約5人に1人)が認知症になると予測されており、高齢社会の日本では認知症に向けた取組が今後ますます重要になります。

65歳以上は5人に1人は、認知症

 若くても、脳血管障害やアルツハイマー型認知症のために認知症を発症することがあります。65歳未満で発症した認知症を若年性認知症といいます。若年性認知症者数は、3.57万人と推計されています。

 また、「軽度認知障害(MCI: Mild Cognitive Impairment)と呼ばれる症状もあります。認知症のように普段の生活に支障をきたすほどではありませんが、記憶などの能力が低下し、正常とも認知症ともいえない状態のことを言います。MCIの方の約半数は5年以内に認知症に移行するといわれています。MCIの方のうち、すべてが認知症になるわけではありませんが、この段階から運動などの予防的活動を開始することで、認知症の進行を遅らせることが期待されています。

 認知症は、ご本人が生活していくために介護をする周囲のサポートが必要不可欠になります。ご家族は同居、別居に関わらず、そのサポートの多くを担い、大きな不安につながります。
 当院では、培養上清液を投与することでご自身のステムセルを刺激し、再生させることで、認知症を少しでも改善させる治療を行っております。
※改編厚生労働省HP

サイトカイン点鼻療法とは

サイトカイン点鼻療法

 ステムセルから分泌された数百種類のサイトカイン(生理活性物質)が自己のステムセルを活性化し、さらに、サイトカインの一部がマクロファージ(炎症細胞)に作用することで、より強い修復作用があることが判明しています。
 ステムセルそのものの投与はせず、ステムセルを培養する際に分泌される上澄み液(上清液)を投与することで、様々な疾患に治療効果が出ることが学会などで発表されています。
自己の細胞を刺激し、再生能力を高める事で、病気や症状の改善を行います。
 サイトカイン点鼻療法では、含まれているたくさんのサイトカインが,脳内の炎症を抑え(抗炎症作用)、壊れた細胞や血管の保護や再生(神経保護・軸索伸長、血管新生)を促すと考えられております。以下の表のように、多種多様のサイトカインが複合的に働き、様々な機能改善を促進させます。

主な機能 サイトカイン名称
抗炎症作用 IL-6, TGF-β
血管新生 VEGF, HGF
神経保護・抗アポトーシス HGF, BDNF, GDNF, MMP9, TIMP1
軸索伸長 SCF, MMP3, TIMP2, Decorin
マイクログリア関連因子 MCP-1, Siglec-9 HGF, IL-6, TGF-β, GDNF

引用論文:Kohki Matsubara, Minoru Ueda, Koichi Furukawa, Akihito Yamamoto:Secreted Ectodomain of Sialic Acid-Binding Ig-Like Lectin-9 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 Promote Recovery after Rat Spinal Cord Injury by Altering Macrophage Polarity, The Journal of Neuroscience, February 11, 2015 35(6):2452–2464.

 名古屋大学医学部の上田実名誉教授が執筆した『驚異の再生医療』(扶桑社、2019年)によると、乳歯由来培養上清液によるアルツハイマー型認知症の臨床研究結果が示されています。

アルツハイマー型認知症臨床研究結果

「驚異の再生医療」からアルツハイマー型認知症の臨床研究に関する引用(pp. 134 - 135)

培養上清によるアルツハイマー型認知症治療の驚くべき結果をお話しします。
軽度から中等度の学習記憶障害の5名の方に、年齢や時間、場所など9つの設問(評価スケール)に応えてもらい、認知度を評価します。評価スケールは、「長谷川式簡易知能評価スケール改訂版」と呼ばれているもので、30点満点で20点以下だと認知症が疑われるとされています。
スケール評価の結果は、5名の方すべての点数が20点以下でした。つまり、自律した日常生活を送ることが出来ないレベルの認知症であることが確認されたのです。
 患者様には4週間、培養上清を鼻から吸い込んでもらいました。鼻は脳に近く、鼻粘膜、三叉神経、嗅神経を介して薬剤が脳に到達することが知られています。治療の間は、1週間に一度の割合で、知能評価スケールに答えてもらいました。その結果、グラフに示したように、8週間後には4名の方の点数が20点を上回り、1名の方だけが20点にとどまりました。

※必ずしも当院の治療効果を保証するものではありません。

治療内容に関して

 当院では、日本の児童から提供された歯髄を、オリジナルで研究開発した上清液の製法プロトコールに基づいて培養し、サイトカインが分泌された上清液を初回は医師処置により投与します。
 1か月分の点鼻薬も併せて処方いたしますので、毎日ご自身で投与いただけます。
 ※痛みの少ない治療となります。

効果について

 認知症の完治は現時点では、かなり難しいです。しかし、上記臨床研究結果の通り長谷川式認知症スケールによる軽症から中程度の方で改善が認められた方がいます。
 投与してから、1か月程度で変化を感じる方が多く、その後3か月程度を目安に改善を実感していく方が多いです。毎日、培養上清液を投与することで、サイトカインが脳へ刺激し、短期的にはシナプスの改善を、長期的には脳内細胞の再生を促すと考えております。

安全性

 当院で使用している上清液は、日本の児童の乳歯からボランティアでいただき、国の基準のウイルスチェック等を施行し、専用のラボで作製されております。
感染症予防などに注意して、精製、投与を行っています。

リスク、副作用について

 現時点で、大きな副作用(腎不全肝不全など、入院に関わるような事例)などは報告されておりません。
まれにアレルギー反応(発疹、発赤)などが出現する可能性があります。
当院の上清液は抗生剤が含まれております。

当院受診の際に

 紹介状や他院採血等がある方は忘れずに持参してください。

料金

診察料:154,000円(税込み)
上記に含まれるもの:初診料、採血代、検査代、サイトカイン点鼻処置、持ち帰り点鼻(1か月)

※保険適用外の自由診療となります。予めご了承ください

クリニック詳細

 当院では様々な疾患に関して乳歯由来の培養上清液を中心とした治療を行っております。アルツハイマー型認知症の他、新型コロナウイルス後遺症や脳梗塞後遺症、アトピー性皮膚炎の治療なども行っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

院内

ドクター紹介

瀬田 康弘 院長

瀬田 康弘 院長

院長略歴

東京慈恵会医科大学卒。
慶應義塾大学での勤務を経て、株式会社ZAIKEN設立。
臨床、訪問診療、企業活動など様々な分野に従事。
2020年スマートクリニック東京院長。

クリニック名スマートクリニック東京
所在地 102-0085 東京都千代田区6番町1番7号 K.PLAZA2階
電話番号 03-6272-8181
クリニックHP https://smartcl-medical.jp/

診療時間

アクセスマップ

お問い合わせフォーム